介護の資格を効率よく取得する方法と仕事の始め方

無資格から介護の仕事を始めてみる

介護業界への需要が高まり、多くの人が介護の仕事に対して興味を持ち始めています。しかし中には介護資格を持っていないことが原因で、介護の現場で働くことを諦めてしまっている人もいます。確かに介護の現場で最も重要な身体介護サービスは、海保職員初任者研修などの介護資格を取得していなければ提供することはできません。しかし、介護の現場には身体介護サービス以外の無資格でもできる仕事もあります。例えば、介護施設の掃除や個室の清掃、ベッドメイキングや食事の準備など、利用者の体に直接触れることのないこれらの仕事は無資格でも就業可能です。まずは無資格から介護業界に足を踏み入れてみて、実際の介護の現場の仕事を体験してみてはいかがでしょうか。

介護施設の資格取得支援制度を利用する

介護の現場では慢性的な人員不足に悩まされています。介護業界への需要は年々高まってはいますが、他業種と比べた時の給与の安さや労働内容の過酷さなどが原因となり離職率が高くなっているのも事実です。さらに無資格の人ができる介護の現場での仕事が制限されているということもあり、労働人口の増加が思うように進んでいない現状です。そんな中、無資格の人が介護の仕事を始めやすいよう、資格取得支援制度を導入している介護施設も増えて来ました。具体的な支援内容は資格取得費用の負担や、講座や試験のため優先的にシフトを調整するなどがあります。このような制度を取り入れている施設で働き始めることで、費用の負担やシフト調整などの煩わしさを軽減させることが可能です。

介護の求人案件数が最も多いのは各自治体のハローワークです。ハローワークの担当者が大量にある求人案件の中から最適なものを一緒に探してくれるので、希望条件に合った職場を探すのに便利です。