どうやったらなれる?憧れのイベントコンパニオンになる方法

やる気さえあれば誰でもイベントコンパニオンになれる

企業の展示会のブースに立っている綺麗なお姉さん、街中でサンプリングしているお姉さん、学会の受付のお姉さんなど、これらはすべてイベントコンパニオンのお仕事です。

イベントコンパニオンになるためには、コンパニオン事務所への登録が必要です。大手から小さなところまで様々ですが、基本的には、どこの事務所もよほど容姿か態度に問題がない限りは所属できます。コンパニオンは容姿端麗な必要があるイメージがありますが、必ずしもそんなことはありません。ただし、業務内容がモデルに近い案件は当然容姿が重視されますし、人気の展示会はほぼオーディションがあるので、容姿がいい方が仕事はもらいやすいです。

どうやったら大型展示会や製品発表会の仕事ができる?

事務所に所属すると、案件の連絡がきます。開催日時や場所、ギャラ、業務内容などの詳細が記載されているので、自分がやってみたいお仕事にエントリーします。その後、事務所のマネージャーがクライアントに、エントリーしたコンパニオンの書類を提出し、クライアントが書類選考やオーディションを行い、選考を勝ち進んだコンパニオンが晴れて仕事を手にします。中には、応募条件が特になくエントリーすれば誰でもできる案件や、クライアントではなくマネージャーがコンパニオンをキャスティングするケース、クライアントから指名が来るケースもあります。

晴れて仕事を手にしたら、いよいよコンパニオンデビューです。コンパニオン業界では経歴が重視されるため、初めての仕事で衣装がかわいい案件や、被写体業務などの人気の案件につくことは難しいです。まずはサンプリングやアンケート回収など、少し華やかさに欠ける仕事で経験を積むことで、人気案件に一歩ずつ近づいていきます。

イベントコンパニオンの派遣のお仕事は、主に展示会、キャンペーンなどで華やかなコスチュームに着替え、笑顔でお客様の対応をします。『女性として笑顔輝くステージ』です。