英語でコミュニケーション取れていますか?

英語は重要と認識しているのですが

社会のグローバル化(外資系企業に勤務、クライアントが外資系企業など)、ビジネスの世界では英語の必要性(リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)が迫られています。特に直接のコミュニケーションスキルであるスピークングとリスニングの能力が求められています。

このグローバル化した社会の中で生き抜くには、より一層、英語のスキルを上げる必要があります。それもビジネスの現場で通用するビジネス英語(日常気英語ではなく)に関してです。このように英語の重要性は十分理解しているはずなのですが、なかなか、英語が習得できない方も多いと思われます。

英語の会議はどのように乗り切りますか?

英語で会議に参加するのは、今では一般的な業務になりつつあります。ただでさえ、英語で話せないないのに、英語で協議し、議論する必要があります。では、この難局を乗り越えるには、どうすれば良いでしょうか?関連するノウハウ本が、多くの出版社から出されていますが、どれが自分に適しているのでしょうか?時間もないサラリーマンが短期間で成果を出さないといけない状況、どのように乗り切れば良いのでしょうか?

インターネット上には、某企業が販売している同時通訳アプリを用いて、なんとかその場しのぎではあるが会議を乗り切っている等の経験談が掲載されています。たしかに会議の詳細な点は会議の議事録を作成し、先方に確認して貰うことで、ミスコミュニケーションが発生していないか確認でき、メールベースになれば、インターネット上の翻訳サイトを使用するなどで対応可能となります。

このようなIT技術の進歩により、より精度の高いツールが開発され、難局を乗り越えることも可能となっていくのでしょう。

英語の転職のコツをつかみたいときには、優良企業の説明会に参加したり、転職経験者の話を聞いたりすることが効果的です。