介護の仕事を目指す方必見!資格の多い介護業界

介護の仕事ってどういうものか

介護の仕事と言うとヘルパーを思い浮かべ、きつい仕事と思う方も多いことでしょう。

要介護の高齢者の入浴や食事などの身体介護や家事などの生活援助がメインの仕事となり、身体的な負担もありますが高齢者やその家族から「ありがとう」と言われるやりがいのある仕事です。

介護の仕事に就く方法とは

要介護者の介護業務を行なう介護職は、福祉系の大学や養成施設などを卒業することのほか、介護職員初任者研修を受講し130時間のカリキュラムを修了することで資格保有者として仕事に就けます。

介護職のキャリアアップが期待できる資格

介護職員初任者研修を介護職の第一歩目の資格とし、次に介護職員実務者研修を受講し今までの介護業務に加え医療ケアを学びながら3年以上の実務経験を積むと介護業界唯一の国家試験の受験資格を手に入れられます。

国家試験に合格して活躍の場を広げよう

国家試験に合格すると介護のプロとして認められ介護福祉士として、介護業務だけでなくサービス提供責任者や事業所のマネージャーとして活躍ができるんですよね。

5年以上の実務経験後には、介護業界最高峰のキャリアと呼ばれる介護支援専門員の資格が取得でき、独立して訪問介護事業所の開業も夢ではありません。

いずれもハードルの高い試験ですので、それなりの受験勉強が必要となりますが通信講座や通学講座などもあるためライフスタイルに合った方法で受験勉強ができます。

求人募集の多い介護の仕事

介護施設や事業所が普及されている一方で、介護職の人材不足が続いているため、常に求人募集が行なわれているのも特徴の職種です。

そのため、離職率を高めないために充実した福利厚生や待遇を整えている施設や事業所も多いので、求人情報の待遇などをしっかりと確認し自分にあった職場を見つけましょう。

介護の求人を東京で見つけたいときには、福祉関係の求人が多く集まるサイトをしたり、評判の良い施設の見学をしたりすることが有効です。