就職活動で大事な心構え!自分を知ることが就職活動で役に立つ!

就職活動をするときには振り返りが大事

何となく時期が来たから就職活動をしているという人は少なくありません。ですが、何をしたいのか、何が自分に向いているのかなどを理解しないで就職活動をするのはもったいないです。時間をかけて就職活動をして、すぐに辞めてしまっては意味がないからです。自分のしたいことを把握して、自分の向いている職を探すことが大事になります。就職活動を始める前に自分のことを確認するのです。好きなもの、得意な分野、嫌いなもの、不得意な分野などを書き出して、どんな職種が合っているのかを考えます。

自分の中に眠る働きたい場所を見つける

働きたい場所の場所は地名ではありません。六本木で働いている自分が格好いいからという理由では、つらい仕事を乗り越える理由にはなりにくいのです。職種や環境が自分に合っている会社を見つけるということです。居場所がそこにあるかを就職活動を通して探します。好きな仕事や好きな分野の仕事であれば、つらい仕事も頑張れるのです。自分の中にある働きたいという、欲求を持てる場所はそんなに多くありません。ですので、実際に会社を訪問して、自分に合っているのかを確かめることも大事です。

自分が掘り出した自分のことはそのまま武器になる

自分のことを振り返って見つけたやりたいことや好きなことは就職活動において、そのまま武器になります。その思いを面接官にぶつけるだけでも十分に情熱を伝えることができるからです。その会社に入りたいという熱意を伝えることが面接では大事なるので、小手先のテクニックよりも思いを伝えることに重点を置きましょう。

新卒紹介の場合、公募と違って条件にあう人材がいれば、即日紹介してもらうことが可能です。さらに最短の場合、数日で内定まで進むこともできます。