就職の求人探しをするなら今の自分の状況に合わせてする

新卒ならまずは業界研究を

大学や専門学校卒で新卒の求人を探す場合には、まずは業界研究からスタートさせていきましょう。自分が興味のある業界についてどんどん調べていくことで、どこで働けば有意義な仕事ができるのかを把握できます。業界研究は就職活動が始まる前に済ませておくことで、企業に対しての志望動機を考えやすくなります。新卒の就職活動は熱意のある人材を採用することが多いので、面接時にとにかくやる気をアピールして突破していくのが良いでしょう。新卒の求人探しは学校に来ている求人に応募するのも良いですが、新卒専門の就職サイトに複数登録して探すことで、会社説明会やエントリーの情報などもいち早くゲットできます。新卒の就職では情報収集が鍵となりますから、忘れずに登録しておきましょう。

転職なら働きたい分野の仕事を

転職求人を探す場合には、自分の働きたい分野が何なのかをしっかりと明確にしていきましょう。これまで働いていた業界の知識や経験を活かして転職するのか、あるいは全く違った業界に挑戦するのかによって探し方も変わってきます。転職活動の場合エージェントを活用してみたり、転職サイトを使って非公開求人に応募することで自分にピッタリの求人が見つかります。スキルや資格に職務経歴を登録しておけば個別オファーが来ることも珍しくありませんから、なるべくならば転職サイトを使って探すようにしましょう。転職の求人に応募すると必ず面接がありますが、そこでは前職での経歴をかなり突っ込まれて聞かれるので答えられるようにしておきましょう。

主に建設現場での施工管理の求人がありますが、おおまかにいうとマンションや店舗・工場などの工事の進捗状況や、安全の管理業務を行います。