家具や家電は必要ない?マンスリーマンションの魅力

短期間でも借りられる

通常、マンションやアパートを借りる時には2年契約となっており、敷金や礼金など多くの費用が必要になってしまいます。マンスリーマンションは敷金や礼金が必要ないので初期費用が安くなりますし、1カ月以下という短期間から借りることができるのが大きなメリットだといえます。数週間の出張や次に賃貸を借りるまでのちょっとした間の宿として利用することができます。さらに嬉しいのは、マンスリーマンションの多くは家具や家電がついているという点です。身の回りの物さえあれば手軽に利用できるという点で、人気となっています。

また、引っ越しを行うとガスや水道、電気などの手続きも行わなければいけませんが、マンスリーマンションの場合にはそれらの手続きも不要になりますので、引っ越し前後にさまざまな手続きで忙殺されることもありません。

契約前にチェックしたい

部屋を借りるときに敷金や礼金が必要ないというのは嬉しいポイントではありますが、マンスリーマンションの物件によっては、入居予定日数に合わせて費用を先払いしなければいけないというケースがあります。6か月ほどマンスリーマンションを借りるというようなケースでは、6か月分の家賃を先払いしなければいけないのです。そのため、敷金や礼金がないとしても、初期費用が高額になってしまうことがあります。また、退去時にはクリーニング代などがかかり、それらの金額が高額になることもあります。契約前に詳細をきちんと確認しておきましょう。

マンスリーマンションは、受験シーズンの滞在先、リフォーム期間の仮住まい、出張先の住まいなど、さまざまな場面で活用できます。